オープンソース版の Caddy を自分でビルドして使う

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Caddy の公式バイナリは、EULAへの同意が必要

Caddy v0.10.9 から https://caddyserver.com/ でダウンロードできるバイナリには、EULAへの同意が必要になりました。特に注意すべき点としては、以下のような条件があることです。

  • 商用不可であること
  • "Caddy-Sponsers"ヘッダがHTTPリクエストに付与されること(また、いかなる方法でもそれを外さないこと)

そこで、Apache 2.0 Licence である Caddy のソースコードから自分でビルドをしてみたいと思います。

注意:この記事は、古い状態について述べています。冒頭の追加部分をお読みください。

修正されました

問題を解決するコミットが追加されました。それにより、ここに記されるパッチは、ActivityPubの相互接続性に障害を与える可能性を増加させます。このパッチは、適応せず可能な限りmasterへの追従を続けてください。(さもなくば、v1.5.1での運用を推奨します。)

別に、Mastodonネタを書くだけのブログじゃないんです。一応・・・。

今日は、待ちに待った トラベリング・オーガスト2017 でした。

2013年に初のオーケストラコンサートとして、トラベリング・オーガストが文京シビックホールで行われ、 2015年に二回目であるトラベリング・オーガスト2015が東京オペラシティで行われました。 2016年には初のライブイベントとして、AUGUST Live!を今は営業終了したディファ有明で行いました。

今回は、2015年と同様の東京オペラシティで、3度目となるオーケストラコンサートとなりました。 フルオーケストラに加え、和楽器を含めた編成で特に"千の波濤、桃花染の皇姫"にフォーカスしています。

注:雑記であって、イベントレポなどではありませんので、悪しからず。

Mastodon の投稿欄の下に告知を表示できるようにする

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Mastodonの運用中、管理者がユーザーに対して告知をする方法があまりありません。 ローカルタイムラインが早ければ、その内容は流れてしまうし、rbファイル,jsファイルの変更を伴ってしまっては、メンテナンスの告知などには使えません。

そこで、今回は

  • 私が作ったiframeを用いた告知表示
  • unaristさんの作られたReactによる告知の取得・表示

について紹介したいと思います。

Mastodon の新ランディングページを超訳(?)してみた。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Mastodonの更新頻度はとどまるところを知りませんが、いよいよ新しいランディングページの完成が近くなってきました。 現在、当該ブランチをマージするだけで特に問題なく体験することができます。当鯖でも早速、取り入れてみました。

しかし、Mastodonの紹介文が一新され全て英語のままとなっています。加えて言えば、既存のSNSへの嫌味を含んでいてあまりすっきりしません。ということで、日本語訳が完成するまでの間、自作で超訳した文章でも書いてみるかということでやってみました。

Mastodon のプライバシーポリシーを書いてみた。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

1.4.7の次に公開されるであろうMastodonのバージョンでは、プライバシーポリシー(利用規約?)のカスタマイズ機能が搭載される。これによって、プライバシーポリシーをどうせならしっかり書こうという鯖缶さんも増えるのではないかな・・・?

なお、私は法律に詳しいわけでもないので、もともと添付されていたDiscourseのプライバシーポリシーの掲載内容を参考にMastodonにあった形にするということで一段落を付けました。

Mastodonを改造して運用する。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

雪餅として、お一人様インスタンスと美少女ゲーム系テーマインスタンスを運用しています。 これらには、機能的に本家には取り入れられないであろう機能を改造して追加しています。 この記事では、それらについて紹介します。

さっくり知りたい場合、以下のタグを参照していただくと早いです。 yukimochi/mastodon@masterwithmod_base

雪餅の鯖缶日誌 ブログをはじめました。

ウェブページよりも気軽にいろいろなことを投稿できる場として、ブログをはじめてみました。 Mastodonの運用で得た知見や改造についての詳細なども載せていければと考えています。

とりあえずは、Google検索でアクセスできるようにすることが初めの課題ですね。 それでは、今回はこんなところで。

Mastodon の リバースプロキシに Caddy を使用する。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Mastodon では、多くの画像や絵文字のデータをクライアント・サーバ間でやり取りします。 そのため、HTTP/1.1 ではコネクションを多く消費し通信効率が悪くなります。 そこで、HTTP/2, さらにはQUICに対応したCaddy Web Serverを、リバースプロキシに使用します。 (Nginx でも、HTTP/2には対応します。詳しくは、ほかの人の記事を読んでください。)