タグ「Caddy」が付けられているもの

オープンソース版の Caddy を自分でビルドして使う

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Caddy の公式バイナリは、EULAへの同意が必要

Caddy v0.10.9 から https://caddyserver.com/ でダウンロードできるバイナリには、EULAへの同意が必要になりました。特に注意すべき点としては、以下のような条件があることです。

  • 商用不可であること
  • "Caddy-Sponsers"ヘッダがHTTPリクエストに付与されること(また、いかなる方法でもそれを外さないこと)

そこで、Apache 2.0 Licence である Caddy のソースコードから自分でビルドをしてみたいと思います。

Mastodon の投稿欄の下に告知を表示できるようにする

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Mastodonの運用中、管理者がユーザーに対して告知をする方法があまりありません。 ローカルタイムラインが早ければ、その内容は流れてしまうし、rbファイル,jsファイルの変更を伴ってしまっては、メンテナンスの告知などには使えません。

そこで、今回は

  • 私が作ったiframeを用いた告知表示
  • unaristさんの作られたReactによる告知の取得・表示

について紹介したいと思います。

Mastodon の リバースプロキシに Caddy を使用する。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Mastodon では、多くの画像や絵文字のデータをクライアント・サーバ間でやり取りします。 そのため、HTTP/1.1 ではコネクションを多く消費し通信効率が悪くなります。 そこで、HTTP/2, さらにはQUICに対応したCaddy Web Serverを、リバースプロキシに使用します。 (Nginx でも、HTTP/2には対応します。詳しくは、ほかの人の記事を読んでください。)

  1. リバースプロキシを活用して、既存のWebページをQUICで配信したい。
  2. CaddyというWebサーバでは、引数に-quicをつけると、試験的にQUICで配信ができる。
  3. Amazon Linux 2016.09 では、 initを用いて、Caddyをサービス化させ、自動起動させるようにできる。